▶︎無料視聴できる映画(フル動画)を探す

映画 七つの会議のネタバレとあらすじ!結末&ラストと評価・感想をチェック!

 

映画『七つの会議』の原作は、「半沢直樹」「陸王」「下町ロケット」など話題作を描いてきた池井戸潤。監督は多くの池井戸作品をテレビドラマ化してきた福澤克雄がメガホンを取る。

全ての日本人に問う「働く事」の正義とは?・・と見る人に問いかけているサブタイトルに書かれている質問が、この作品を通して原作者が伝えたい問題を抱えた日本の実情だと思える。

成功した者、勝った者こそが正義で、その為には何をしても良いかのような現代社会は今の政治を鑑みても、この映画のテーマが当てはまってしまう。

現代社会の不条理を含めて池井戸作品が本当に伝えたい正義を映画化した作品に仕上がっている。会社として、売上と利益を上げることこそが正義。その為には顧客や下請けだけではなく

部下さえも押さえつけ、無理強いし、騙してでも成果を挙げさせる事を優先する。そんな利益主義の会社であるが故に起こる罪を描く。

それでは早速、映画「七つの会議」のネタバレ紹介です。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

☆作品のネタバレへ進む☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です