映画 「ひとよ」のネタバレ!結末&ラストと評価・感想をチェック!

映画「ひとよ」は、15年前の家族内の殺人事件を機に、世間の逆風を浴びながら必死に生きてきた三兄妹の前に、その原因となった母が帰ってきました。果たして家族は再び昔の姿を取り戻すことができるのか、揺れ動く子供たちの心境を「るろうに剣心」を始めヒット作の主演が続く佐藤健、大河ドラマの主演を務めた鈴木亮平、「万引き家族」の好演も記憶に新しい松岡茉優が繊細に演じています。

さらに、DV夫を殺し、子どもの将来を守るという強い母親役には「おしん」で国民的女優になった田中裕子が扮しています。

2013年の「凶悪」以降、60もの監督賞や作品賞などを受賞してきた、ヒットメーカー白石和彌監督が現在と過去を交錯させながら、家族の再生を力強く描いた話題作で2019118日の封切りです。

それでは早速、ネタバレの紹介です。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

☆作品のネタバレへ進む☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です