映画 「トイストーリー4」のネタバレ!結末&ラストと評価・感想をチェック!

1995年公開の『トイ・ストーリー』、1999年公開の『トイ・ストーリー2』、2010年公開の『トイ・ストーリー3』に続くトイ・ストーリーシリーズ第4作目である。 ウッディやバズ・ライトイヤーなどお馴染みのキャラクターが再登場している他、前作では別の持ち主の元へ渡ったため登場しなかったボー・ピープが20年ぶりに再登場している。

「何がおもちゃにとっての幸せなのか」というシリーズの根幹を成すテーマ、またかねてから指摘されていた「人格を持つものが人間の所有物となって良いのか」というシリーズが孕んでいる倫理的な問題をクローズアップした作品となっている。 楽曲は作品と同様に、本作でもランディ・ニューマンが音楽を担当している。

ニューマンは本作のために『君のため』と『孤独なカウボーイのバラード』の2曲を新たに書き下ろした。『君のため』はニューマンが、『孤独なカウボーイのバラード』はグラミー賞受賞経験のあるカントリー・シンガーとクリス・ステープルトンが歌唱している。

監督のクーリーは「ランディ・ニューマンの音楽が作品を形づけてきたから、彼なしでの第4弾の制作はあり得なかった」と話している。 また、日本語吹き替えにおいて1作目『トイ・ストーリー』から日本版主題歌を担当してきたダイアモンド・ユカイが本作でも続投しており、本作のために23年ぶりに新録した。さらに『君のため』も彼が担当している。

それでは早速、ネタバレの紹介です。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

☆作品のネタバレへ進む☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です