▶︎無料視聴できる映画(フル動画)を探す

映画 娼年 のネタバレとあらすじ!かっこエロい松坂桃李の評価・感想と結末&ラスト

 

映画『娼年』は、原作・石田衣良による日本の恋愛小説。著者初の恋愛小説であり長編作品。第126回直木賞候補作。幸田育子作画で漫画化され『オフィスユー』(集英社)で連載されていた。

公開から8日間で興行収入は1億円を突破した。

江波杏子(作品内では老女役)の遺作になった。若手人気俳優、松坂桃李が主役を務めるも、作品内の過激な性描写によりR18指定を受けておりファンの間でも賛否両論を巻き起こした話題作です。

それでは早速、映画「娼年」のネタバレ紹介です。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

☆作品のネタバレへ進む☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です