▶︎無料視聴できる映画(フル動画)を探す

映画 ザ・ファブルのネタバレとあらすじ!結末&ラストと評価・感想をチェック!

 

映画『ザ・ファブル』は、「週刊ヤングマガジン」に掲載された南勝久氏のコミックスを原作とする作品の実写化。

興行成績は17億円を突破。南勝久は「第41回ちばてつや賞準大賞」を受賞。2000年「ナニワトモアレ」の連載開始。

「ファイトコレオグラファー」(Fight choreographer)としてフランス人のアラン・フィグラルツが岡田准一とともに、クレジットに登場しているという事も話題。

「ファイトコレオグラファー」とは、日本映画では主に「殺陣師、擬闘(擬斗・技斗)スタッフ」と呼ばれており、アラン・フィグラルツはハリウッドで「96時間」「LUCY」などを担当、特殊部隊での訓練も受けたことがある。

今作品の一部の振り付けは岡田准一本人がこなしている。

それでは早速、映画「ザ・ファブル」のネタバレ紹介です。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

☆作品のネタバレへ進む☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です