映画 「轢き逃げ最高の最悪な日」のネタバレ!結末&ラストと評価と感想をチェック!

映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」は、2019年5月10日に公開された日本映画で、監督・あらすじ共に話題を呼びました。 監督は俳優の水谷豊が務め、 主演はオーディションによって選ばれた中山麻聖と石田法嗣の2人が務めます。

この映画では、最先端の映像技術「Dolby Vision」と立体音響技術「Dolby Atmos」を活用し、最適化されたシアターデザインを実現したドルビーシネマを日本映画で初めて採用しました。

主題歌は、ゲド戦記「テルーの唄」で話題となった手嶌葵が担当。主題歌「こころをこめて」には、監督水谷豊の「最後は未来に向かって前を向いていきたい」という想いが込められています。

それでは早速、ネタバレの紹介です。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

☆作品のネタバレへ進む☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です