映画 「ジョーカー」のネタバレ!怖いと評判の結末・ラストと感想をチェック!

映画『ジョーカー』は2019年10月4日に公開され、第76回ベネツィア国際映画祭で最優秀作品賞にあたる金獅子賞を受賞した作品です。 公開から5日間の日本での興行成績は10億2,241万3,80円。こちらの興行成績はR指定作品として歴代1位の記録を打ち立てました。

主演はホアキン・フェニックス。代表作は『her 世界でひとつの彼女』や『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』で、2006年にはゴールデングローブ賞主演男優賞とグラミー賞を受賞しています。 監督はトッド・フィリップスでコメディ映画の『ハングオーバー!』シリーズを手掛けています。

映画『ジョーカー』はDCコミック『バットマン』に登場する最強の悪役、ジョーカーが誕生するまでの物語です。 それでは早速、ネタバレの紹介です。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

☆続きを読む☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です