▶︎無料視聴できる映画(フル動画)を探す

実写映画ダンボのあらすじと評価・感想は?ネタバレ・結末&ラストをチェック!

 

実写版『ダンボ』は、2019年に公開のアメリカ合衆国の映画。『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』などで有名な鬼才ティム・バートンが監督。

1941年公開のディズニーアニメーション映画『ダンボ』を原作とする実写映画。ダンボを軸に、家族の絆を描いた作品。ディズニーとは違って「人間とダンボ」の交流が主に描かれていて「そのままの自分でいい、愛される価値がある」というティムからのメッセージが読み取れる作品。

日本語版ではコリン・ファレルが演じた人間側の主人公のホルトファリアを俳優の西島秀俊が吹替を担当した。

それでは早速、実写映画「ダンボ」のあらすじ・ネタバレ紹介です。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

☆作品のネタバレへ進む☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です