▶︎無料視聴できる映画(フル動画)を探す

映画 最強のふたりのネタバレとあらすじ!結末&ラストと評価・感想をチェック!

 

映画『最強のふたり』は2011年のフランス映画。

2011年10月23日、第24回東京国際映画祭のコンペティション部門にて上映され、最高賞である東京サクラグランプリを受賞。また主演の二人、オマール・シーとフランソワ・クリュゼも最優秀男優賞を受賞しました。

さらに、第37回セザール賞で、作品・監督・主演男優・助演女優・撮影・脚本・編集・音響賞にノミネートされ、オマール・シーが主演男優賞を受賞しました。

フランスでの歴代観客動員数で3位、(フランス映画のみの歴代観客動員数では2位)となる大ヒット作となりました。

日本でも興行収入が16億円を超え、大ヒットとなり社会現象を起こした『アメリ』を上回り、11年振りにフランス映画の歴史を塗り替えました。フランス映画では歴代1位の大ヒット作となりました。

それでは早速、映画『最強のふたり』のネタバレ紹介です。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

☆作品のネタバレへ進む☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です