▶︎無料視聴できる映画(フル動画)を探す

映画 アラジン(実写)のネタバレ!結末&ラストと評価・感想をチェック!

 

映画 アラジン(実写版)は201967日に公開されました。1993年のディズニーアニメーション「アラジン」のリメイクです。

主題歌「A Whole New World」が全米1位の大ヒット曲になり、アカデミー賞の歌曲賞を受賞するなど人気のあったアニメーションを実写化するという事で大きな話題となりました。

原作は「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」です。

興行成績は世界で100億ドルを突破し観客動員数は700万人を超えました。

アラジン役が全く無名なメナ・マスードが演じること、ジーニーをハリウッド俳優のウィル・スミスがどう演じるかも話題を呼びました。

日本でも吹き替え版は人気俳優の中村倫也や、ジーニーの声を山寺宏一を起用したことも動員数増加の大きな要因ともされています。

監督はガイ・リッチーです。

それでは早速、映画『アラジン(実写版)』のネタバレ紹介をしていきます。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

☆作品のネタバレへ進む☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です