▶︎無料視聴できる映画(フル動画)を探す

映画 ワンスアポンアタイムインハリウッドのネタバレ!結末&ラストと評価・感想をチェック!

 

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は2019年8月30日に公開された映画で、ブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオの二大俳優が初共演したことで話題となりました。

監督はクエンティン・タランティーノ。日本ではタラちゃんの愛称でおなじみです。「キル・ビル」やアカデミー賞やカンヌ国際映画祭で数々の賞を獲った「パルプ・フィクション」を手掛けた監督。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、当時妊娠八ヶ月だったハリウッド女優シャロン・テートが、チャールズ・マンソン率いるカルト集団マンソンファミリーに殺害された事件を基にしています。

レオナルド・ディカプリオ演じるリック・ダルトンとブラッド・ピット演じるクリフ・ブースは架空の人物ですが、シャロンほかロマン・ポランスキーやブルース・リーなど、1960年代のハリウッドを彩った実在の人物も登場します。

「ワンス・アポン・ア・タイム〜」とは、「むかしむかしあるところに」という意味。

実際に起きた事件にクエンティン・タランティーノというスパイスを加えたお伽話、それが『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』です。

それでは、映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のネタバレを紹介します。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

☆作品のネタバレへ進む☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です