▶︎無料視聴できる映画(フル動画)を探す

アナ雪2の興行収入は天気の子を超える?前作アナ雪1との比較を交えて解説!

今回は、『アナと雪の女王2』の興行収入や観客動員数、また製作費と、前作『アナと雪の女王』の興行収入との比較についても調査してみました!

また、2019年の大ヒットアニメ映画「天気の子」の興行収入を超えるのか?!この辺もチェックしておきましょう!

アナ雪2の興行収入

2014年のホワイトデーに公開され、全世界で空前の大ヒットを記録した『アナと雪の女王』。

その待望の続編となる『アナと雪の女王2』が2019年11月22日から公開となり、早くも前作をしのぐ観客動員数・興行収入を記録していると噂になっていますね!

果たして『アナ雪2』は、前作『アナ雪』を超えたのでしょうか??

見ていきましょう!

アナと雪の女王2の興行収入は60億超え!

11月30日~12月1日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表されました。

公開されたばかりの『アナと雪の女王2』ですが、週末土日動員124万8000人、興収14億4300万円をあげているそうです!
圧倒的な数字で2週連続のV2を達成しています。

また動員数ではオープニング週を上回る数字で、累計では、

観客動員 338万人
興行収入 約43億円

を突破し、公開から10日間での40億円突破は、ディズニー&ピクサー作品の中で最速となっています!

追記
公開から17日経ち、12月9日現在は

観客動員 466万人
興行収入 約60億円

を突破しました!

公開から17日間での興行収入60億円超えは、ディズニーアニメ、ピクサーアニメ全タイトルの中で史上最短となっています。

2019年の人気アニメ映画「天気の子」を超える?

2019年の人気アニメ映画、新海誠監督作品の「天気の子」。

こちらも大ヒットを飛ばした作品となり、2019年の7月公開でしたが、未だに映画館でロングラン上映をされていますよね!

その興行収入は2019年11月8日時点でおよそ136億円!!

こちらの公開は夏休み直前となり、公開日から8/4(日)までの17日間での観客動員数と興行収入は

観客動員 約440万人(ランキング1位)
興行収入 約60億円

となりますので、同じ規模の驚異的なロケットスタートを切っていると言えます。

他にひとつ注目すべき点を記しておくと、「天気の子」ではかなり大掛かりなメディアでのPR戦略が行われたことでしょうか。

「天気の子」は公開前に大手企業7社ものタイアップCMを実現させており、日清食品カップヌードルやサントリー天然水、
ソフトバンク、アルバイト求人広告サイトのバイトルまで、様々な業種の企業とのタイアップ広告を打ったのです。

これにより潜在客の「やっぱり見に行かなきゃ!」という期待感を高めたんですね。

実在する商品が劇中に出てくる広告手法を→プロダクトプレイスメントと言いますが、実在の商品が劇中に登場することで物語のリアリティや共感性を高めてもいました。

それに対して「アナ雪2」ではどういったPRが行われているでしょうか?

2019年12月現在、大手化粧品会社の資生堂や三井ホームとのタイアップCMが流れています。(劇中に商品が登場するわけではありませんが、、)

ディズニーアニメですので、このあとクリスマス時期に入り、冬休みシーズンに突入し、お子様やファミリーの鑑賞も増えていくと思われますので、お正月の興行でどこまで数字が伸びていくのか期待されますね!

最終的な興行収入が天気の子を超えることは十分に予想できます!

前作の「アナと雪の女王」は歴代1位

ここまでアナ雪2の大ヒットスタート序盤戦を見てきましたが、前作の「アナと雪の女王」の時はどうだったでしょうか?
見てみましょう。

「アナと雪の女王」興行収入

アナと雪の女王の興行収入

日本 … 約255億円
アメリカ … 400,738,009ドル(約400億円)
世界全体 … 1,274,219,009ドル(約1274億円)

となっています。

アニメーション映画ジャンルの興行としては、「インクレディブル・ファミリー」「ミニオンズ」をおさえ、堂々の1位だったんですね!

アナと雪の女王2は、この数字を超えることができるのでしょうか!?

アナ雪2の3D公開は?

「アナと雪の女王2」の3D上映はあるの??

前作の「アナと雪の女王」では、劇中歌の素晴らしさからレリゴーフィーバーが起き、「応援上映」という、観客も歌ったり大声を出してもよい心のまま自由に楽しめる映画鑑賞スタイルも登場して話題になりましたよね!

字幕版を見たあと、改めて吹き替え版で日本の俳優さんの声や演技と比較して鑑賞したり、ハマってしまって応援上映にも行ったりすることで、一人の観客が同じ作品で何度も映画館に足を運ぶという現象が起きたことも、「「アナと雪の女王」のヒットを後押しする大きな要因になっていたと思えます。

それに加えて一部の映画館では、3D上映が行われていたのをご存知でしょうか?3D上映に字幕版は無く、日本語吹き替え版のみだったのですが、筆者はこちらも鑑賞しました!

冒頭の氷の結晶がキラキラと舞うところが3Dで見るととても美しくて、その後に続く幼いクリストフやスヴェンが登場する氷上のシーン、エルサの氷の城のシーンなど息を呑んで鑑賞したのを覚えています!!

上映される映画館や上映時間が限られていたので、チケットを頑張って取った覚えがありますが、本当によくできていて感動しました。

このように前作「アナと雪の女王」の3D上映が素晴らしかったので、今回も3D上映があればぜひ観にいきたいな!と思い調べてみました。

2019年12月現在、3D版はアメリカでは上映があるようですが、今回日本国内では上映予定のアナウンスはされていないとのこと・・・。

えーーっ、なんでなんでしょう。非常に残念です。。残念です。うーん残念。

私と同じ気持ちでいる人がいるようで日本での『アナと雪の女王2』3D版の上映を求めて、署名活動をしている方もいるようですね!

「アナと雪の女王2」4Dの上映

残念ながら3Dではありませんが、日本国内にて『アナと雪の女王2』には4D版の上映があります!

※4Dとは…“体感型(4D)”の最新劇場上映システム。観客が座っている座席が作中のシーンとリンクし、座席が前後左右上下へ動くほか、風、水(ミスト)、香り、煙や振動など、様々な演出が体感でき、バーチャルリアリティを楽しめる新しい上映スタイル。

もはやアトラクションと化してますね!

2019年12月現在、4D上映にはイオンシネマやユナイテッド・シネマ系列の“4DX”と、TOHOシネマズ系列の“MX4D”との2種類があるようです!

アニメーション映画とは相性が良さそうなので、通常版を観た方もまだの方もこちらの4D版の鑑賞も検討しても良いかもしれません。

また『アナと雪の女王2』応援上映は12/13より予定されているようです。

今後の反響によっては上映映画館数が拡大していくかもしれませんね。

アナと雪の女王2はいつまで上映?

気になるのはアナと雪の女王2も公開期間。

公開期間についてはこちらの記事で予想しています。

まとめ

今回は、『アナと雪の女王2』の公開後の観客動員数、興行収入の伸びと今後の予想、他の2019年公開人気アニメーション作品「天気の子」との比較、前作の『アナと雪の女王』の日本と世界での興行収入、3D版や4D版の上映についてご紹介しました!

今後の大ヒットの行方からますます目の離せないディズニーアニメ『アナと雪の女王2』!!

また色々な角度から見てみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です