TSUTAYA TV登録方法・手順を画像で解説!メリット・デメリットを簡単確認!

Amazon プライムビデオ、Netflixなど黒船動画配信サービス(サブスクリプション)が増えていて、定着しつつありますが、以前から日本でのレンタルビデオ(DVD)市場を支えていたTSUTAYAも黙って見ているわけではありません。

TSUTAYA TVはどんな特徴、メリット、デメリットがあるのでしょうか?

また、よく分からなくて途中で断念してしまうこともある、登録までの手順も分かりやすく解説します。

TSUTAYA TVとは?

TSUTAYA TVは、レンタルビデオ店をはじめ、書店などを多角的に経営しているCCC(カルチャーコンビニエンスクラブ)のT-MEDIAホールディングスが運営する定額制の動画配信サービス(サブスクリプション)です。

配信数は約10,000本(見放題サービス)※他にレンタル作品もあり。

サービス開始は2008年で、当初は各家電メーカーが始めた動画配信プラットフォーム「アクトビラ」の中で開始されましたが、その後独立。2010年からTSUTAYA TVとして定額の動画配信サービスを行っています。

また、TSUTAYAはネットサービスでもいろいろと行っているので、他サービスと混同しがちです。

TSUTAYA TV・・・定額制の動画配信サービス(ストリーミング配信)

TSUTAYA DISCAS・・・DVDのネット宅配レンタルサービス(一部ネットからでも観られる)

TSUTAYA オンラインショップ・・・インターネットショッピングサイト(購入)

となっています。ただ、TSUTAYA TVのお試し期間(30日間)は、TSUTAYA DISCASのサービスも利用できるなど連携されているところもありますが、それぞれ別々の(月額)料金がかかるので、ややこしいですが間違いないようにしましょう。

TSUTAYA TVの無料期間は?

TSUTAYA TVの無料お試し期間は、初回登録時に限り30日間となります。

10月1日に加入した場合、10月30日までとなり、10月31日となった段階から有料会員となります。

はじめの登録時にクレジットカード情報など支払い情報も入力しますが、この無料お試し期間中にきちんと解約すれば料金は一切かかりません。

また、TSUTAYA TV無料お試し期間中は、動画配信サービスだけでなく、TSUTAYA DISCASの「定額レンタル8」(新作、準新作をのぞく旧作が1回8本までレンタル可能(DVD、CDが郵送されてきます)が付いてきます。これは実店舗も多いTSUTAYAならではのサービスですね。

ただ、無料お試し期間終了後は、TSUTAYA DISCASの「定額レンタル8」も自動更新となるため、手続きをしないと、TSUTAYA TV(月額933円)プラスTSUTAYA DISCASの「定額レンタル8」(月額1,865円)の両方がそのまま申し込みとなってしまいますので注意してください。

TSUTAYA TVの登録方法

①TSUTAYA TVトップページ(https://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/vod/top.do)より【今すぐ無料で登録する】をクリックします

まず、パソコンもしくはスマホなどインターネットがつながる環境で、TSUTAYA TVのトップページ(https://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/vod/top.do)に行き、画面中央にある【今すぐ無料で登録する】をクリックします。

パソコンからでもスマホからでも同様です。(※画面はスマホ画面です)

➁個人情報を入力します

氏名、メールアドレスなどの個人情報を入力します。

  • Yahoo!アカウント
  • facebookアカウント

を持っている場合は、各ログインを行うことで登録してある氏名、メールアドレスが自動的に入力済みとなっています。

ちなみにTSUTAYA TVに登録するメールアドレスを変更することも可能です。

③クレジットカード情報を入力します

TSUTAYA TVの支払い方法はクレジットカード払いのみです。

キャリア払いや銀行振り込みなどは行っていないので、必ずクレジットカードが必要になります。

※使用ができるクレジットカードブランド(VISA、MASTER、JCB、AMEX)

画面下部には【TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCUS注目情報】というメールマガジンの登録有無も設定ができます。

オンのままだと、週に1~5通とほぼ毎日のようにメールが届きます。

気を付けたいのは、クレジットカード情報など入力に不備があった場合、入力しなおしになりますが、その際に、一度メルマガはオフにしても、再度オンに戻ってしまいますので気を付けてください。

④契約内容を確認します

TSUTAYA TVの契約内容(無料お試し期間、月額料金(無料お試し期間後)など)を確認します。

特に、無料お試し期間は1日でも過ぎてしまうと料金が月単位で発生しますので、しっかりメモを取っておくなどして覚えておきましょう。

内容確認後、画面最下部にある【この内容で申し込む】をクリックします。

クリックした段階で、TSUTAYA TVの登録は完了となります。

⑤TSUTAYA TVアプリをダウンロードします

スマホやタブレットで、TSUTAYA TVを利用するためには、「TSUTAYA TVアプリ」が必要になります。

この登録画面から【アプリダウンロード】でそのままアプリダウンロード画面に移行します。

iPhoneなどiOSはこちら

Androidはこちら

⑥あとは好きな番組(コンテンツ)を選んで見放題サービスを楽しんでください

TSUTAYA TVの登録は完了していますので、あとは好きな番組を探して見放題サービスを楽しんでください。

【作品を探す】からも検索して探すことも可能です。

TSUTAYA TVのメリット・デメリット

TSUTAYA TVのメリット

毎月1,100レンタルポイントがもらえる

有料会員後は、毎月1,100レンタルポイントが付与されます。

このレンタルポイントで、最新作や準新作の映画なども観ることができます。

(ただし、返却に行く手間がないだけで、レンタル期間は決まっています)

倍速再生にも対応

0.5倍~2倍までの倍速再生にも対応しています。

忙しいときや、おおまかなストーリーを知りたいときなどに便利です。

一部アダルト作品もある

一部作品ではありますが、アダルト作品も視聴可能です。

他のサブスクリプションサービスでは、アダルト作品は一切ないところも多いので、好きな方には朗報です。

ただし、アプリからの視聴はできません。

また、より多くの作品を観たい場合は、より高額なTSUTAYAプレミアムに加入する必要があります。

Tポイントが貯まる

紐づけ作業は必要ですが、月額料金で毎月Tポイントが貯まります。

TSUTAYA DISCASとのセットプランがある

郵送でレンタルDVDやCDが借りられるTSUTAYA DISCASとのセット割引プランがあります。

また、同じIDで登録することも可能です。

TSUTAYA TVのデメリット

見放題配信数が少ない

見放題で楽しめる配信数は約10,000本と、他のサブスクリプションサービスでは多いところでは一桁以上違うところもあり、物足りなさを感じます。

テレビデバイスに未対応

Fire TV Stick、Chrome Cast、Apple TV、PS4などのテレビデバイスはすべて未対応となっています。

画質がいまいち

ほとんどの画質がSD画質のため、より大きな画面で見ると画面の粗さを感じてしまいます。

支払いはクレジットカードのみ

支払いはクレジットカード支払いのみで、キャリア決済やデビットカード、銀行振り込みなど他の支払い方法には対応していません。

必ず登録時にクレジットカードが必要になります。

ウェブ、アプリともに使いづらい

当初よりはだいぶ改善したものの、ウェブ、アプリともに操作性に不満があり、使いづらいです。

同時視聴はできない

スマホとパソコンなど同時視聴はできません。1つでのログイン、視聴となります。

ダウンロード再生ができない

ダウンロードして、ネットがつながらないところでも視聴ができるようになるダウンロード視聴はできません。

まとめ

今回はTSUTAYA TVについて

  • TSUTAYA TVとは?
  • TSUTAYA TVの登録手順
  • TSUTAYA TVのメリット・デメリット

について分かりやすく徹底解説させて頂きました。

口コミなどでも、配信数から使いやすさまでいろいろと批判が多いTSUTAYA TV。

ただ、操作性もだいぶ改善されてきていますし、長らく日本のエンタメ市場を支えてきただけに、今後の逆襲に期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です