▶︎無料視聴できる映画(フル動画)を探す

映画 泣くな赤鬼のネタバレとあらすじ!結末&ラストと評価・感想をチェック!

 

映画『泣くな赤鬼』は、2019614日公開作品。主題歌は竹原ピストル「おーい! おーい!!」。

2019614日公開の日本映画。重松清の「せんせい。」に所収の同名短編小説が原作。重松清は「流星ワゴン」「ナイフ」「とんび」などドラマ化も多い。第124回直木賞を(平成12/2000年下期)「ビタミンF」で受賞。

それでは早速、映画「泣くな赤鬼」のネタバレ紹介です。

*著作権・象徴権の問題から本サイトでは画像を使用したネタバレは掲載しておりません。(Twitterを除く)

映画「泣くな赤鬼」のキャスト

出演キャスト・公開情報
【キャスト】
堤真一(小渕隆)
柳楽優弥(斎藤智之)
川栄李奈(斎藤雪乃)
竜星涼(和田圭吾)
堀家一希(斎藤智之(高校生))
武藤潤(和田圭吾(高校生))
佐藤玲(小渕佐知)
キムラ緑子(斎藤智美)
麻生祐未(小渕陽子)

【監督】
兼重淳
【映画公開日】
2019年6月14日

泣くな赤鬼』あらすじ

高校の教師をしている小渕、かつては城南工業野球部監督で球児たちを県大会準決勝まで導くほどの熱血指導で「赤鬼」と呼ばれていたこともあった。

 

ある日病院に行くと、その準決勝まで行ったチームで担任した生徒のひとりだった、斎藤と偶然出会う。斎藤は妻の雪乃と一緒に再検査に来ていた。

 

小渕は現在は進学校の城南高校で野球部の指導をしているが、実は指導には熱心ではない。

 

ある日、斎藤の妻が「斎藤が末期がんで余命があまりない」と相談に来校した。

映画『泣くな赤鬼』のネタバレ

それでは早速、映画『泣くな赤鬼』のネタバレをチェックです。

ネタバレ①:10年前に野球部も学校もやめてしまった生徒との再会

ポイント!!
かつての熱血指導野球部監督の小渕と中途半端にやめていった斎藤との再会
現在も野球部の監督をする高校教師の小渕。かつて「赤鬼」と呼ばれる熱血指導で、10年前には公立高校ながらも県大会準決勝まで生徒を導いたこともある。しかし西高にいる現在は熱血指導どころか、生徒たちに「ちゃんと指導をしてほしい」と頼まれてしまうような有り様。

 

ある日教え子、野球部の生徒だった斎藤(通称ゴルゴ)と病院で再会。斎藤は会社の健康診断の再検査に妻を伴って来院。後日、斎藤の妻雪乃が小渕の学校まで来て「斎藤が死んでしまう!」と言う。彼は末期がん。まだ小さな子供もいる自分がなぜこんな病気になったのか嘆きながら、入院生活を送っていた。

 

話を聞いた小渕は家族に相談する。小渕は妻や娘に「今まで家庭よりも野球に向き合ってきたのだから、斎藤と向き合ってやれ」と言われて入院中の斎藤を見舞う。

 

欲しいものはないのかと聞かれ、斎藤は「かつてのチームメイトだった和田に会いたい」と言う。

 

斎藤の頼みを聞き入れ、和田の会社を訪ね「見舞ってくれ」と話すのだった。

ネタバレ②:斎藤の今、やりたいこと、やり残したこと。

ポイント!!
斎藤はもう一度野球をやってみたいんだ、と小渕に頼む。生きていた証をのこすために。
和田はかつて、斎藤とサードのポジションを争い、野球も学業も投げ出して中退した斎藤とは違い、準決勝でエラーはしたものの、全力は尽くした生徒。現在もその姿勢は変わらず大企業に就職、若くして営業主任に抜擢されていた。

 

小渕に、和田は意外なことを言う。「俺は先生の夢をかなえるための道具。先生はいつも斎藤を気にかけていた。斎藤を奮い立たせるために俺をサードに起用した。やる気のない斎藤を見限ったのは、先生じゃないか、病気は気の毒だが見舞いには行きません」と断られたのだ。

 

小渕は「和田の努力とやる気」を認めてサードに起用したと自分でも思っていたのに。

 

小渕が見舞いを重ねるうちに、斎藤がまた野球をやりたいと冗談めかして言う。欲しいものはないが、もう一度野球をやりたい体調的には無理だとはわかっているのだけれど。斎藤は妻の雪乃と息子のシュウの心に何か残せるものを考えたら野球だったのだ。

 

無理をおし、家族の支えもあり、一時帰宅をかなえられた斎藤。小渕が監督する西高の野球部の生徒にも協力してもらい、久しぶりにグランドの土を踏む斎藤。皆に深々と頭をさげ、小渕のノックをサードでうけはじめる斎藤だが身体もきつく、なかなかノックもこなせない。いきなり和田がグランドに姿を現し、斎藤にゲキを飛ばす。

 

「しっかりしろ、サード!」

 

斎藤は和田に「俺じゃダメなんだ、レギュラーはやっぱりお前なんだよ」とグラブを渡す。ノックは和田に交代された。

 

ふたりはベンチで話をする。和田は斎藤に「俺は嘘をついた、赤鬼はお前に辞めてほしいなんて一言も言ってない。」と謝る。

 

斎藤は斎藤で「お前のせいじゃない、俺は自分から勝負を降りただけだ、お前はそのままでいい」と和田に語るのだった。

ネタバレ③:おれは赤鬼好きだったよ。

ポイント!!
俺は先生のこと、赤鬼のこと結構好きだったんだと、小渕に告げる斎藤
野球に参加できた帰りのバスの中、斎藤は小渕にこう言った。「俺、赤鬼の事、結構好きだったよ」それを聞き、泣きそうになる小渕だったが、涙をこらえ「赤鬼は人前では泣かないんだよ」答える小渕。

 

ある日、雪乃から電話が来た。斎藤に会いに来てほしい。痛みも酷く、もうそろそろ眠らせてやりたいんだと言う。小渕は自宅で痛みに苦しみあえぐ斎藤に会いに行く。斎藤はかなり苦しそうで、もう話すらできない容体だ。延命治療は受けず自宅で過ごすことを選んだのだ。

 

息子の成長を見守ることができない事が悔しいと言う斎藤。

 

あの時は「悔しいという感情が良くわからない」と小渕に言い、和田とポジションを争うのも、野球を続けることもさっさと諦めた斎藤。

 

「悔しさを背負ったんだ。大人になったんだ、良くがんばったな、惜しかったけどな、悔しいけどな、ゴルゴ」と泣きながら精一杯生きる事を頑張った斎藤を褒め、生徒になってくれた事に感謝する小渕。斎藤はずっとずっとあきらめていたわけじゃなかった、小渕に見ていてほしかっただけだったのだ。ようやく気が付いた小渕。

 

死の淵にある斎藤と小渕は野球のサインをかわす。それはあの試合の時、斎藤が無視したサイン、だった。

 

斎藤の死後、再び学校の練習に戻って来た小渕は明らかに様子が前とは変わっていた。赤鬼の再来だ。

 

だが、きちんと生徒ひとりひとりに向きあい、指導する。以前とはまるで違う小渕に最初は委縮する生徒達だったが「俺は本気だから叱るんだ」と言う小渕。今度はちゃんと「褒め」「叱る」小渕。

 

生徒たちも良い笑顔でノックを受ける。

 

次の年、入って来た新人部員の挨拶。その中にひとり、ゴルゴが入部の挨拶でしたように、自分で自分を既に褒めるような挨拶をする生徒がいた。彼を見て懐かしそうに笑顔を浮かべる小渕だった。

映画『泣くな赤鬼』評価・感想とまとめ

エンディングで流れる曲「おーい!おーい!!」竹原ピストル氏の曲だ。この曲にも集約されているような気がする。「ここにいるが、どこにいる、自分はどこにいるんだ。」誰かに認められたい、まだ自分に自信がない、漠然とした不安。そんな青年たちの毎日。斎藤は父親がいなかった故か、誰か父親のような人に認められたかったのかもしれない。それを小渕に期待してしまったのだろうか。和田も別の形で不安だった「小渕は斎藤の才能を見抜き、発奮させるために和田をサードに起用した。代わりだから、実力がなかったから準決勝でエラーをしたんだ」そして「赤鬼だって斎藤に野球部を辞めてほしいと思っている」とついた嘘。ずっとその嘘に後悔し続けていた和田。小渕も甲子園出場がかなわず、自分のやり方に徐々に自信を無くし、今の高校でももう「自分をあきらめて」いた。精一杯頑張り続けることの難しさ。望んだ結果がでなくても、頑張り続ける事。それは「空虚」ではなく、一生続く「生きていること自体が頑張っている」という事なのだとこの監督は言いたかったのではないかと思った。決して派手ではない日常を淡々と描くことで余計に際立つ演技の深さ。筋書きでは少し粗さもあったが、そんなもの超えて来て泣かされた。悲しみだけでなく、爽やかさも感じる映画だと思う。

映画「泣くな赤鬼」のレンタル動画を無料視聴する方法

やっぱりテキストのネタバレだけじゃわからない…。映画のレンタルが開始されたら動画でみてみたい…。

やっぱり映画は映像で見るのが一番ですよね。映画『泣くな赤鬼』はU-NEXTで無料視聴することが可能です。(一部未対応の作品あり)

U-NEXTポイントで無料視聴・見放題作品数は業界最大級
TSUTAYA TVポイントで無料視聴・DVDレンタルあり
music.jpポイントで無料視聴・ポイント配布は業界最大
FODポイントで無料視聴・電子書籍見放題あり

おすすめはU-NEXTです。動画レンタルはもちろん、見放題の映画や国内外ドラマを多数配信。

また、漫画や雑誌の読み放題も多数取り揃えているのは上記の中でもU-NEXTとなっています。初回登録の方は31日間無料で利用することができます。

★600Pが付いて・31日間無料で楽しめる★

MyconoMedia おすすめVODランキングTOP4

☆☆☆NO.1 U-NEXT
動画配信数は業界最大級。
動画配信ジャンルも多岐に渡っており、中でも新作映画の配信は人気の動画コンテンツ。そして、最大の特徴は電子書籍や電子コミックも同時に楽しむことができるところ。動画・電子書籍の一体型アプリでどちらも楽しめるので、スマホでの操作性が抜群です。動画・電子書籍の両方が楽しめる分、月額利用料金は少し高めですが、通勤通学、時間つぶしなど様々なシーンに対応したVODサービスとなっています。
月額利用料金1990円(税抜き)
無料期間/無料ポイント31日間/600pt
おすすめ特典電子書籍見放題あり・動画配信多数
管理人のおすすめのポイント
2ヶ月以上の継続利用で毎月1200ポイントが貰える特典もあります。
ポイントは最新映画の視聴や有料電子書籍の購入にも使え、もちろん翌月にも持ち越すことが可能。ポイントを貯めてみたかったドラマをイッキに視聴することもできます。Amazon FireTV、Chromecastにも対応していますので、ご家庭のテレビでも視聴が可能です。4デバイスまで同時視聴が可能となっているでの、ご家族での利用がおすすめです。
▼もう少し詳しく知りたい方▼
・U-NEXTの登録方法
・U-NEXTの解約方法
▼U-NEXTを利用してみる▼

U-NEXTの無料視聴はこちら


☆☆NO.2 FODプレミアム
フジテレビ系列の映画やドラマの配信なら「 FOD」です。フジテレビ系列の動画に強く、映画・ドラマ作品は多くの独占作品を配信しています。FODもU-NEXT同様に電子書籍・電子コミックを配信。常に100冊以上が読み放題となっており、人気のコンテンツとなっています。Amazonアカウントを使って登録すると1ヶ月間無料で利用が可能。さらに業界最大ポイントの初月300ポイントがもらえます。サービスの充実度は現在のところ業界トップといえるかもしれません。
月額利用料金888円(税抜き)
無料期間/無料ポイント1ヶ月/1300pt
おすすめ特典フジテレビ系映画・ドラマ最新話無料視聴・電子書籍見放題あり
管理人のおすすめのポイント
フジテレビ系列の映画・ドラマは独占配信作品が多数あります。スポーツ・バラエティーなど多数ジャンルを配信しています。追加料金を支払うとFOD専門チャンネルの視聴も可能です。
▼もう少し詳しく知りたい方▼
・FODの登録方法
・FODの解約方法
▼FODを利用してみる▼

FODの無料視聴はこちら


☆NO.3 TSUTAYA TV / DISCAS
おなじみのTSUTAYA。実はレンタルDVDだけではなく、映画やドラマの動画配信も行っています。もちろん、変わらずDVD自宅にいながらレンタルすることも可能です。各映画配給会社やテレビ民放各社の作品を幅広く配信。U-NEXTやFODプレミアムで配信されていない作品がTSUTAYA TVにはあったりもします。この辺はレンタルメディアの先駆者とも言えますね。ただし、見放題作品が少なく、動画配信のほとんどがポイントまたは課金でのレンタルとなっています。

月額利用料金2417円(税抜き)
無料期間/無料ポイント30日間/1080P
おすすめ特典DVDレンタル借り放題
管理人のおすすめのポイント
やっぱり映画はDVDやブルーレイディスクをデッキに入れて…。そんな、雰囲気を大切される方にはTSUTAYA TVがおすすめです。また、U-NEXTやFODプレミアムで配信されない「ジブリ作品」はTSUTAYA TVでDVDをレンタルするしか視聴する方法はありません。月額利用料金が2417円と少し高いので、30日間の無料お試し期間を上手に利用したいですね。
▼もう少し詳しく知りたい方▼
・TSUTAYA TV/DISCAS登録方法
・TSUTAYA TV/DISCAS解約方法
▼TSUTAYA TV / DISCASを利用してみる▼

TSUTAYA TVの無料視聴はこちら


NO.4 music.jp
お音楽配信でおなじみのmusic.jp。実は音楽配信でけでなく、映画やドラマの動画配信も行っています。電子書籍の配信も多数取り揃えており、知る人ぞ知る穴場的なVODサービスです。月額1950円(税込)ながら配布ポイントは月額利用料金と同じ1950ポイント。もちろん初回登録の方は30日間の無料お試し期間も用意されています。無料お試し期間でも1600ポイントをもらうことができ、このポイントを使って新作映画4本分の視聴が可能となっています。ただし、見放題の配信動画はないので、動画視聴の際は全ての作品がポイント視聴となります。連続ドラマなどの話数が多い作品の視聴には一番最適なVODサービスと言えます。是非、お試し下さい。

月額利用料金1950円(税込)
無料期間/無料ポイント30日間/1600P
おすすめ特典配布ポイントが業界最大
管理人のおすすめのポイント
新作映画をたくさん見たい!また、シリーズものの映画をイッキ見したい時にはmusic.jpがおすすめです。お試し無料期間のポイント配布はもちろん、個人的に魅力に感じているのは継続利用で毎月3000ポイントがもらえてしまうところ。月額利用料金以上のポイントを配布しているのどこのVODサービスを見てもmusic.jpだけとなっています。
▼もう少し詳しく知りたい方▼
・music.jp登録方法
・music.jp解約方法
▼music.jpを利用してみる▼

music.jpの無料視聴はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です